2020.12.23

楊貴館便り

冬の風物詩「気嵐(けあらし)」

けあらし」とは、冬の海に発生する霧のことで、気象用語では「蒸気霧」。

陸地の寒気が海や川に移動し、海水面の水蒸気を冷やして霧に変えます。

海と陸の極端な温度差が「気嵐(けあらし)」を生みます。

ここ油谷湾でも冬の風物詩として度々見ることができます。

寒暖差の激しい日の翌朝は、是非油谷湾を眺めてみてください。

きっと幻想的な風景が目の前に広がることでしょう。


 

冬の風物詩「気嵐(けあらし)」

冬の風物詩「気嵐(けあらし)」

カテゴリー

アーカイブ

2021年(2)
2020年(43)
2019年(51)
2018年(68)
2017年(83)
2016年(83)
2015年(69)
2014年(41)

ページの先頭へ